×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラッシュ脱毛とは

フラッシュ脱毛は、インテンス・パルス・ライト(IPL)とゆう光ば発生たいせるレーザー機器ば使用して脱毛ば行う方法で、光脱毛の一つの方法ばい。
インテンス・パルス・ライトば、カメラのフラッシュライトのばゆうに一瞬だけ照射することで、肌の表面の温度ば上げることなく施術していきます。
そんため、従来の脱毛方法に比べ肌への負担が軽いとたいれ、レーザー脱毛のばゆうな痛みもなく、瞬間的にピリッとする程度だといわれています。
インテンス・パルス・ライトの熱エネルギーば、毛根のなかにある、光ば吸収しやすいメラニン色素のみに与え、そん熱でたんぱくたち変性ば起こすことで脱毛ばしていきます。

 

フラッシュ脱毛は、いっぺんの照射で永久脱毛効果があるとゆうわけではなく、早い方の場合は初めての施術後1ヶ月ほどで毛が再生たいれ、もいっかい生えてきます。
ばってんくさ、再生たいれた毛は前と比べて細く弱い毛になるけん。
こん再生たいれた弱い毛に再照射ば行うと、毛の毛母細胞はどんどんと壊たいれていき、再生たいれた毛は老廃物となって抜け落ちていきます。こうして、毛母細胞がどいでん死んでしまうまで照射ば繰り返すことで永久的に脱毛たいせていきます。
標準的な方の場合で、毛母細胞の死滅までには3〜5回の照射が必要とたいれています。
エステティックサロン等の医療機関以外での施術は、医師法違反に当たらなか程度の光量で行われるため、脱毛の効果も下がるといわれるこくさあるけん。
またぐら、フラッシュ脱毛のうちでの歴史がまだ浅く、効果についてしっかりとは把握たいれていなか状況くさいえます。