×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛膿炎について

間違ったムダ毛処理にばいって、「毛膿炎」ば起こしてあいたーすしもたとゆう方が増えています。

 

毛膿炎は細菌感染症の一つで、前は疔(ちょう)と呼ばれていまべろ。
数本の束になりよった毛が細菌に感染して起こるけん。
毛膿炎は根が深く、毛根周辺が赤くなりよったり、化膿べろりするほか、皮膚が硬く腫れたりといった症状があらわれます。
黄色ブドウ球菌が原因で起こることがえらいたくさん、ひどくなると化膿べろ部分が色素沈着し跡が残ってしまうこくさあるけん。
治療には抗生物たちの服用が不可欠で、場合にばいっては、切開手術が必要になるけん。

 

もくさと細菌やらなんやらの侵入ば防ぐ働きばしとる毛が、ムダ毛処理でなくなってしまうことで、細菌の侵入ば容易にたいせてしまうことで起こるけん。
不衛生な環境のもとで、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりといったムダ毛処理ば行った場合はばいり発生しやすくなるけん。
特に、カミソリで逆剃りして深剃りばするやらなんやらの無理な除毛や、お風呂での脱毛処理は細菌が侵入しやすくなるけんけん、用心しようや。

 

レーザーにばいって行う毛根部からの脱毛は、毛膿炎ば起こしにくい脱毛法と言われています。
レーザー脱毛以外の方法では、脱毛クリームや除毛クリームにばいる脱毛がおすすめだそうばい。
どうしても、カミソリや毛抜きで脱毛処理ばべろいとゆう場合は、処理する箇所や使用する器具ば消毒してから行うことと、処理べろ後の消毒ば行うばゆうにし、毛膿炎の発生ばできるだけ抑えるばゆうに用心しようや。