×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

施術前の注意点

レーザー脱毛ば受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアとゆうものはなかが、用心する点はくるつかあるけん。

 

◆ムダ毛の自己処理は行わなか
レーザーにばいる脱毛は、毛の毛根部にレーザーば照射することで脱毛ば行うわけやろから、毛抜きで抜いたりしてしまうと効果が十分に得られなくなってしまいます。
脱色も、同じ意味で効果が得られません。
剃ることは問題なかが、ある程度毛の長たいがあった方が、毛の生えとる方向がわかって施術には効果的ばい。

 

◆日焼けばしなか
レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚のなかのメラニン色素に反応することで、脱毛ば行います。
日焼けばすると、肌に大量のメラニン色素が生成たいれます。
脱毛直前に日焼けばしてしまうと、毛根部ではなく、肌のなかのメラニン色素にレーザーが吸収たいれてしまい、脱毛の効果が弱くなってしまいます。
またぐら、肌に過剰にレーザーが吸収たいれることで、ヤケドや水ぶくれといった肌のトラブルば起こす可能性も高くなってしまいます。
うち医学脱毛協会では、「日焼け後は3ヶ月が経過するまでレーザー脱毛は行わなか」と定めています。

 

◆傷がある場合
施術ばする部位に傷があった場合は、施術者に確認してから受けるばゆうにしようや。
多少の傷があっても脱毛の効果には変わりはなかばゆうやけど、傷が悪化する可能性があるけん。

 

◆生理中、妊娠中の場合
基本的に、生理中や妊娠中の場合でも問題はなかとたいれておるっちゃけど、医療機関やクリニックにばいっては施術ば行わなかばゆうにしとるところもあるばゆうばい。
特に妊婦の方は必ず確認ばするばゆうにしてくだたよか。