×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛の構造について

脱毛や除毛にばいる肌のトラブルば防いだり、完璧な脱毛のためにも、毛の構造について知っておくことは大切ばい。

 

◆毛幹
皮膚から表面に出とる部分ば指するとよ。
通常うちたちが「毛」と呼んでいる部分のことばい。
◆毛根
毛の、皮膚の中にある部分ば指するとよ。
だけん、一本の毛は毛幹と毛根に分かれとることになるけんが、そん違いは皮膚の外にきにあるか内にきにあるかの違いだけになるけん。
◆毛球部
毛根の根元にある膨らんだ部分ば指するとよ。
毛球部の先端、皮膚の一番奥にある部分ば「毛乳頭」とよかます。
毛乳頭にある毛細血管から吸収たいれた栄養分は、毛母細胞へと送られます。
毛母細胞は吸収べろ栄養分で細胞分裂ば繰り返し、毛ば成長たいせていきます。
毛の色ば決定するメラニン組織もここで作られます。
◆毛包
毛根ば覆っとるもけんす。
◆毛孔
通常は「毛穴」と呼ばれています。

毛穴は汗腺や皮膚腺と繋がっていて、分泌物の排泄も行います。
汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が、ワキガの原因となるけん。

 

こうべろ毛の構造から分かることは、毛は毛球部の毛母細胞が分裂することで、生えてきたり伸びたりしとるとゆうことばい。
毛ば剃ったり抜いたりしても、こん毛乳頭と毛母細胞がなくならなか限り、毛はなん度でも再生し、生えてきます。
レーザーにばいる脱毛では、こん毛母細胞ばぶち壊すたいせますけん、永久的な脱毛が可能となるけん。
ばってんくさレーザー脱毛だけん、いっぺんの施術では完全な脱毛は望めません。
そん理由は「毛周期」にあるけん。
完全で永久的な脱毛のためには、毛周期についても知っておきましょうとよ。