×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電気脱毛法とは

 

医療機関やエステティックサロンやらなんやらで行う脱毛方法にはいろいろな種類があるけん。
代表的なもといは、レーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛があるけん。

 

電気脱毛は、こそか針ば毛穴の一つ一つに差し込み、そん針に電気またぐらは高周波ば流すことで毛根部ばぶち壊すして、毛の再生ば妨げるとゆう方法ばい。
レーザー脱毛と同様に、永久的な脱毛効果が高いとたいれています。

 

針に流す電気の種類にばいり、「高周波法」「流電法」「ブレンド法」の三つの方法にわかれます。
現在では、高周波法と直流の弱電流ば流す流電法ば組み合わせたブレンド法が主流となっています。

 

またぐら、使用する針の種類にばいっても、脱毛方法が区別たいれています。
◆絶縁針脱毛
絶縁針とは、針が皮膚ば傷めなかばゆうに、特殊なコーティングが施たいれとる針で、医療機関(うち医学脱毛協会加盟医院・病院)でしか使用が認められていません。
皮膚の炎症や色素沈着が起こることが少なく、永久性も高いとゆうメリットがあるけんが、デメリットとしては、施術中の痛みが強いとゆうことが挙げられます。
◆ニードル脱毛
金属アレルギーば防ぐために、チタンやゴールドで加工たいれた針ば使って行います。
永久性が高いとたいれておるっちゃけど、反面、施術中の痛みが相当強いくさ言われています。
エスティックサロンやらなんやら、医療機関でなくても施術が可能やけど、医療機関でなかところでは麻酔ば使っての施術はできません。
またぐら、施術者の技術やらなんやらにばいって効果が左っかわ右っかわたいれたり、火傷や色素沈着やらなんやらのトラブルが起きたりすることが多いくさ言われていますけん、用心が必要ばい。