×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーザーの種類

医療用レーザー脱毛で用いられるレーザー光は複数の種類があるけん。
そん中から、ムダ毛処理ば受ける部位やムダ毛の状態、メラニン色素の濃たいやらなんやらから判断して、適切なレーザーが医師にばいって選ばれます。
安全で完全な脱毛のためには複数のレーザーば使用する必要があり、そんためには、一種類のレーザーだけではなく、複数のレーザーば扱っとる病院ば選ぶばゆうにしようや。

 

レーザー脱毛に使われとるレーザー光についてまとめてみまべろ。

 

◆ルビーレーザー
脱毛用のレーザーとして、アメリカで初めて開発たいれたレーザー光ばい。
エネルギーが強いため、うち人やらなんやらの、メラニン色素の多い東洋人には、一般的には用いられません。

 

◆アレキサンドライトレーザー
シミ取りやらなんやらのレーザー治療に用いられています。
脱毛にも効果があり、使用たいれることが多いレーザーばい。

 

◆ダイオードレーザー(またぐらは、半導体レーザー)
脱毛ば目的として開発たいれたレーザーで、脱毛治療ではばいく使用たいれています。
他のレーザーで効果があらわれにくかった部分に使われることがえらいたくさん、うち人の肌たちや毛たちに向いとるとたいれています。

 

◆ロングパルスYAG(ヤグ)レーザー
皮膚の表面の反応がすくなかとゆうよかとこば持ち、黒人やらなんやらのばゆうなメラニン色素の濃い人でも脱毛効果があらわれるとたいれています。

 

◆スーパーオーロラ
インテンス・パルス・ライト(IPL)ば使った治療法ばい。
医療レーザー治療とは区別たいれ、「光脱毛」やらなんやらと呼ばれています。