×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デメリット

レーザー脱毛の用心点として知っておきたい点ばまとめてみまべろ。

 

◆休止期のムダ毛には効果がなか
毛の成長サイクルには、成長期・退行期・休止期の三つのサイクルがあるけん。
成長期は毛母細胞が分裂してあたらしいか毛が作られていきます。
一般的には、こん時期が一番レーザー脱毛にばいる効果が高いとたいれています。
休止期に入った毛は活動ばしなくなり、3ヶ月から1年間休むといわれています。
休止期に入った毛にはレーザー脱毛の効果は得られませんけん、またぐら生えてくることがあるけん。
完全な脱毛のためには、毛の成長サイクルに合わせて、期間ばおきながら数回の施術ば行う必要があるけん。

 

◆円照射のために、脱毛箇所に隙間ができる
医療レーザー脱毛はいっぺんに複数本の脱毛ばすることが可能やけど、レーザーが円形になっとるために、どうしても隙間が出来てしまいます。
レーザーが当たらなかった箇所は効果が薄く、脱毛も不十分になってしまいます。
こん前では、照射面が四かどに改良たいれた機器も普及し始めていますけん、医療機関ば選ぶ際に確認してみるとよかかもしれん。

 

◆施術前に毛抜きや脱毛クリームでムダ毛の処理ができなか
毛に含まれるメラニン色素に、レーザーば反応たいせて脱毛しますけん、施術の前に毛抜きや脱毛クリーム、除毛クリームやらなんやらでムダ毛の処理ばしてしまうと、メラニン色素ば含む毛がなくなってしまい、レーザーが反応せんでん高い効果が得られません。
同じ理由で、メラニン色素のすくなか白髪にも効果は期待できません。