×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ムダ毛の処理方法

女性の大敵であるムダ毛やけど、処理方法はたいまざまあり、どぎゃん処理方法がうちにあっとるのかも、悩みの一つとなっています。
処理方法は、大きく分けて三つに分けることが出来ます。

 

◆自己処理法
・カミソリやらなんやらで剃る
・脱毛用のクリームやムース、ワックス、テープやらなんやらば使う
・毛抜きで抜く
自己処理法は、家庭で気軽に行うことができ、費用も安価で済むとゆうメリットがあるけんが、デメリットもあるけん。
間違った方法で処理ばしまうことで、皮膚が傷ついたり炎症ば起こべろりするとゆうトラブルも少なくなか。

 

◆エステティックサロンでの脱毛
・電気脱毛(ニードル脱毛)
・IPL脱毛
・レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
・ワックス脱毛
エステティックサロンでは、医療行為に近い脱毛行為は「医師法違反」に当たるとたいれています。
エステティックサロンで脱毛ば行う場合には、施術に当たって、皮膚科やらなんやらの医療機関と提携しておるかどうかば確認することばおすすめするとよ。

 

◆医療機関での脱毛
・電気脱毛(絶縁針脱毛)
・医療レーザー脱毛
・光脱毛
医療機関で行う脱毛は、厚生省から認可ば受けとる医療用機器ば使い、医師が直接、またぐらは医師の監視の下で治療が行われるため、安全で安心できます。
そんため、医療機関ではなかエステティックサロンで行われるレーザー脱毛とは区別たいれ、「医療レーザー脱毛」と呼ばれています。
多毛症と診断たいれた場合やらなんやらは健康保険が適用たいれますが、適用外の方は費用が高したいぐちになる場合もあるけんけん用心が必要ばい。