×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家庭用脱毛器

家庭でうちで行う脱毛法としては、カミソリで剃る、毛抜きで抜くやらなんやらのほか、脱毛ワックスや脱毛テープ、除毛クリームやらなんやらば使った脱毛、除毛方法が主流でべろ。
こん前では、家庭で使うことの出来る「家庭用レーザー脱毛器」や「家庭用高周波脱毛器」といった、よかいな機器が出回るばゆうになりまべろ。

 

高周波脱毛器とは、ムダ毛の1本1本に高周波ば当て、毛根部にダメージば与えることでムダ毛ば抜いてくるとゆうもけんす。
前は家庭用脱毛器の主流やった電気脱毛器は、使われる針の衛生面での問題や痛みが難点でべろ。
高周波脱毛器は肌へのダメージがふとかとゆうリスクも改善たいれ、それが人気ば呼んだ理由にもなっています。
デメリットとしては、毛抜きで毛ば抜く脱毛と効果はそれほど変わらなかと言われており、時間が経つとまたぐら生えてくる場合が多いことばい。

 

レーザー脱毛器は、レーザーばムダ毛の毛根部に当ててぶち壊すすることで、毛の再生ば阻止してくれます。
他の脱毛方法に比べて痛みがすくなかとゆうメリットがあるけん。

 

どちらも、周波数やレーザー照射強度ば家庭で使える範囲に設定たいれていますけん、危険が少なく安心ばい。
反面、医療機関やエステティックサロンで受ける脱毛ほどの効果が得られなかくさ言えるやろ。

 

医療機関であろうとエステティックサロンであろうと、いっぺんの施術ですぐにツルツルの肌になるとゆうわけではなく、複数回通う必要があるけん。
通うための時間が作れなかとゆう問題や費用の面やらなんやらも、家庭でできる脱毛器の人気の理由の一つになっています。